外壁塗装をする際は誠意あふれる外壁業者さんに限ります

サイトマップ

大きな一軒家

誠意あふれる外壁業者さんに限ります

一軒家

1998年に購入した川越市の一戸建ての分譲住宅ですが、10年も経った頃には。飛び込み業者さんの勧誘とかも来るようになって来て、同時分譲購入の隣家が1件、また1件と次々と外壁と屋根の塗装を行うようになりました。
作業を見ていると外壁塗装業者さんもいろいろで、破格だけど見るからに雑な仕事っぷりだったり、窓を開けられないなどの近隣への配慮が不足している感じだったりで、あまり良い印象はありませんでしたが、このまま放置して屋根の吹き替えなどにでもなったら、それこそ費用面の負担が大変となると、2010年に我が家も外壁塗装を行う事としました。
いろいろと調べた結果、屋根と外壁の同時施工という事で方向は決まりましたが、問題は施工業者選び。正直、塗装結果の善し悪しは素人の私にはわかりませんので、ある意味結果は運だと割り切り、重要視したのは近所さんに迷惑をかけない、誠意、値段といった優先順位で外壁塗装の業者探しました。結局アフターも考慮して、基本地元でしか仕事をしないというポリシーの業者さんに決めました。
この業者さん、隣近所への挨拶から始まり、仕事も丁寧、ある風の強い夜には電話もしないのに「バタバタとうるさくありませんか?」とわざわざ来てくれ、足場等の確認をしてくれる等、本当に誠意あふれる業者さんでした。
あれから5年経過していますが、外壁も屋根も美しいままですし、ひび割れも全く出てません。本当に良い外壁塗装業者さんに巡り会えたと思っています。

ひび割れを補修するため外壁塗装しました

川越市にある自宅は木造モルタル塗りの2階建て戸建住宅です。自宅に外壁塗装を施したのは、築20年を過ぎた頃、外観を見たリフォーム業者が営業に来て、外壁にだいぶクラックが入って来ているので、放置しておくと雨漏りの原因にもなるので、そろそろ外壁塗装を含めてリフォームをかけてみてはどうかといって来たのが発端です。
言われるまでもなく外壁にひび割れが入り、ミミズ腫れのような線が随所に浮いた状態は、決して見映えのいいものではありませんでしたし、そのままでは確かに雨漏れの原因にもなるだろうなと考えていましたので、建て替えることなく補修が出来るなら、頼んでみようかなと思いました。
それで見積もりを依頼したわけですが、その際外壁塗装に用いる塗料の種類(グレード)をどうするか聞かれました。説明では既存のモルタルより、エポキシ樹脂系の塗料を選ぶと、持ちがいいといわれましたので、それにすることにしました。確か他のグレードより高かったと思いましたが、全体の金額は予算内で納まっていましたので、それではお願いしますとなりました。付け加えますと、工期がちょうど夏だったので、窓をビニールで覆われるのはきつかったですね。臭いの問題もありました。
出来れば夏は外してお願いした方がいいかなと思います。

劣化に関するメリットがある外壁塗装

住宅を保有すると、劣化がポイントになる事も多いです。そもそも形があるのは、常に劣化している傾向があります。長く使い続けていれば、いずれは劣化してしまうものなのです。
ところで劣化に関わる要素の1つは、建物の外からのダメージになります。太陽の光や雨風などによって、常に損傷が発生している訳です。ところが住宅に対する工事次第で、その損傷を弱めることも可能です。その1つが、外壁塗装です。数ある塗装材の中には、雨風に非常に強いタイプも見られます。それを塗らない状態ですと、建物が吹きさらしになりますが、塗っておけばダメージを最小限に抑えられる訳です。
そして人によっては、建物をできるだけ長く使いたいと思い続けています。10年程度で限界を迎えてしまうよりも、20年や25年など長く使える方が、建物の持ち主にとっても望ましいものです。ですので外壁塗装が検討される事もある訳です。
何も雨風だけではありません。直射日光の量があまりにも多ければ、やはり建物に対する損傷も大きくなってしまいます。ですが外壁塗装によって、その問題も解決できる訳です。経年劣化のスピードをできるだけ遅くしたいと思う時には、外壁塗装はおすすめと言えます。

誠意のある外壁塗装の業者をお探しなら外壁塗装川越市で検索して「低コスト・リフォーム研究会」という業者をお探し下さい!サイトに外壁塗装等に関するあらゆる情報が載っているので必見です!

新着コンテンツ

TOPへ